上村一夫中央公論社

ここは上村一夫さんの中央公論社のコレクションです。画像をクリックすると大きくなります。

螢子 昭和抒情歌50選
中央公論社原作久世光彦-1996/10/25 初版A5
三角関係のように 阿久悠
第一部
1章 君に捧げるほろ苦いブルース
2章 乳母車
3章 追伸
4章 白い一日
5章 コバルトの季節の中で
6章 水中花
7章 花
8章 煙草のけむり
9章 さくらの唄
10章 赤い橋
11章 赤い櫛
12章 おんなの宿
13章 メランコリー
14章 赤い靴
15章 想い出ぼろぼろ
16章 あばよ
17章 つらい夜
18章 ちんちん電車
19章 ロ・メロメロ
20章 寒い国からきた手紙
21章 ウイスキーの小瓶
22章 不幸色のまなざし
23章 異邦人
24章 真夜中のヒーロー
25章 梅の実
26章 木戸をあけて
27章 おやすみ
28章 失恋レストラン
29章 なごり雪
30章 22才の別れ
第弐部
31章 春だったね
32章 夢前案内人
33章 ひとり唄
34章 帰らない
35章 悲恋白書
36章 雨の物語
37章 さらば青春の時
38章 カスマプゲ
39章 あずさ2号
40章 北風よ
41章 駅
42章 ゆめいらんかね
43章 はーばーらんど
44章 裏町マリア
45章 蒼い夏
46章 ジャニスを聴きながら
47章 幻の人
48章 コスモス街道
49章 桃いろの旅行者
50章 過ぎてしまえば
ISBN4-12-002621-3 C0979
愛蔵版 同棲時代 2
中央公論社原作--1991/06/20 初版A5
VOL.39 旅立ち
VOL.40 哀愁列車
VOL.41 星祭りの夜
VOL.42 白い密猟者
VOL.43 何処へ
VOL.44 冬の夢
VOL.45 冬の海から
VOL.46 春はそこまで
VOL.47 死んでいた朝
VOL.48 手紙
VOL.49 愛の雪崩
VOL.50 終着駅
VOL.51 愛はいつも
VOL.52 春の素描
VOL.53 まぶしさに始まった季節
VOL.54 夏忌
VOL.55 秋でもないのに
VOL.56 絵空ごと
VOL.57 夏のとなり
VOL.58 薔薇薔薇事件
VOL.59 朱の陰翳
VOL.60 他人ごっこ
VOL.61 土曜の夜から土曜の夜まで
VOL.62 犬を捨てる
VOL.63 風媒花
VOL.64 みどりの自転車
VOL.65 怪談
VOL.66 「痒み」についての断片
VOL.67 微笑
VOL.68 肥った女への哀歌
VOL.69 玩具
VOL.70 中山道小諸宿不幸旅館
VOL.71 嘘の季節
VOL.72 別離の設計
VOL.73 香華
VOL.74 終章ひとつまえ
VOL.75 終章
ISBN4-12-002018-5 C079
愛蔵版 同棲時代 1
中央公論社原作--1991/05/20 初版A5
VOL.1 今日子と次郎
VOL.2 性電車
VOL.3 喧嘩しぐれ
VOL.4 春海奇行
VOL.5 水中花
VOL.6 蝶々行進曲
VOL.7 ああ球根
VOL.8 青い鳥
VOL.9 記念日
VOL.10 モナ・リザの微笑
VOL.11 落花抄
VOL.12 陸橋
VOL.13 白い時間
VOL.14 葬式出演料
VOL.15 小さな指輪
VOL.16 緑の時
VOL.17 朝顔のこと
VOL.18 ふしぎな女
VOL.19 甘い夜
VOL.20 流行性感冒
VOL.21 詩人の肖像
VOL.22 月見草情死行
VOL.23 帰郷
VOL.24 風立ちぬ
VOL.25 海辺の日記
VOL.26 鈴虫夫人
VOL.27 花のノクターン
VOL.28 酔いしれて
VOL.29 夢について--------------
VOL.30 花梨怨歌
VOL.31 立秋愁雨
VOL.32 風落ちて 曇り 立ちけり 星月夜
VOL.33 赤い秋
VOL.34 冬の旅
VOL.35 母と子のための鎮魂歌
VOL.36 奇妙な酒宴
VOL.37 広場
VOL.38 降誕祭の贈り物
ISBN4-12-002017-7 C079

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional